東広島での生活をより豊かに、
より楽しくする地域情報サイト

東広島での生活をより豊かに、
より楽しくする地域情報サイト

複数ワードを検索する場合、半角スペースで区切ってください。

【薬膳薬局】女性のための冷えない身体のつくり方【タイプ別改善法】

2020.11.04

薬膳薬局-冷え性2

※写真はイメージ



 冷え症とは大半の方が寒さを感じない程度の温度でも手足、腰、下半身などに冷えがあり、つらいと感じる状態のことを言います。冷え症には多くのデメリットがあります。

 まず、体温が下がると免疫力が落ちて感染症にかかり易くなります。次に、体温が1℃下がると代謝が12%低下します。その結果、太り易くなります。

 さらに月経痛、月経不順、不妊などのトラブルにもつながり易くなります。放置せず漢方を活用して改善していきましょう。

冷え症のタイプ別改善法

 

熱エネルギー不足タイプ

 

※写真はイメージ


 肉量や運動量が少なく胃腸が弱く、食生活が偏っています。胃腸の働きを高め、身体を温める人参、白朮、茯苓などを配合した漢方を用います。


血液ドロドロタイプ

 

※写真はイメージ


 血液の巡りが悪いため、全身に熱エネルギーがいきわたりません。血流を改善する当帰、川芎、紅花などを配合した漢方を用います。

 

自律神経乱れタイプ

 

※写真はイメージ


 ストレスの影響で交感神経が優位になり、血管が収縮して血流が悪くなります。近年、多いタイプです。自律神経を整える柴湖、香附子、薄荷などを配合した漢方を用います。

 

水分過剰タイプ

 

※写真はイメージ


 水分の排泄が悪く、熱を冷ましています。水分代謝を改善する沢瀉、猪苓、ハトムギなどを配合した漢方を用います。


 

 

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

おすすめ

トップへ戻る
c 2020 Higashi-hiroshima digital