東広島での生活をより豊かに、
より楽しくする地域情報サイト

東広島での生活をより豊かに、
より楽しくする地域情報サイト

複数ワードを検索する場合、半角スペースで区切ってください。

【5月21日公開】映画「いのちの停車場」 CASE紹介①

2021.05.19

吉永小百合主演の映画「いのちの停車場」が5月21日から全国で公開されます。物語のキーパーソンを6回にわたって紹介します。(東広島デジタル編集部)

 

 

 

BAR STATION

 

いのちの停車場

柳瀬尚也

(みなみらんぼう)

世界中を旅し、金沢に辿り着いた吟遊詩人。
「BAR STATION」のマスター。
日々様々な患者と向き合うまほろばのスタッフに
打ち合わせや休息の場を提供している。

 

 

 

CASE1 末期の肺癌患者

 

いのちの停車場

寺田智恵子

(小池栄子)

末期の肺癌を患う芸者。
最後まで自分らしく生きることを主張し、
咲和子からの指導に反発する。

 

 

 

 

CASE2 脳出血で入院後、在宅治療をする胃癌患者

 

いのちの停車場

並木徳三郎

(泉谷しげる)

在宅治療を強く望む胃瘻患者の夫。
妻を愛しているが、老老介護に疲弊しており、
治療をしようとする咲和子らに非協力的である。

 

並木シズ

(松金よね子)

脳出血で入院後、自宅で治療をする胃瘻患者
寝たきりで夫の介護を必要としている。

 

 

 

 

CASE3 脊髄損傷の四肢麻痺患者

 

いのちの停車場

江ノ原一誠

(伊勢谷友介)

脊髄損傷の四肢麻痺を患うIT会社の社長。
社員のために早期回復に執念を燃やし、
在宅医の咲和子に最先端の治療のコーディネイト役を依頼する。

 

江ノ原静香

(中島亜梨沙)

江ノ原一誠の妻
四肢麻痺の夫を支え、優しく寄り添っている。

 

 

 

 

いのちの停車場 ストーリー

東京の救命救急センターで働いていた咲和子は、ある事件をきっかけに、故郷の金沢で「まほろば診療所」の在宅医師として再出発をする。様々な事情から在宅医療を選んだ患者と出会い、戸惑いながらも、まほろばのメンバーと共にいのちの一瞬の輝きに寄り添っていく。その時、最愛の父が倒れてしまい…。

 

映画「いのちの停車場」公式ホームページ↓

 

 

T・ジョイ東広島ほか全国の劇場で公開。

 

 

関連記事

【追悼 岡田裕介氏】東広島との つながり深く。 東映の会長 岡田裕介さんを しのんで

【岡田裕介さんと東広島】写真で振り返る|在りし日の思い出

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

おすすめ

トップへ戻る
© 2020 Higashi-hiroshima digital