東広島での生活をより豊かに、
より楽しくする地域情報サイト

東広島での生活をより豊かに、
より楽しくする地域情報サイト

複数ワードを検索する場合、半角スペースで区切ってください。

【5月21日公開】映画「いのちの停車場」 CASE紹介②

2021.05.20

吉永小百合主演の映画「いのちの停車場」が5月21日から全国で公開されます。物語のキーパーソンを6回にわたって紹介しました。いよいよ明日、公開です。(東広島デジタル編集部)

 

 

 

CASE4 再発した癌患者

 

\いのちの停車場

中川朋子

(石田ゆり子)

プロの女流囲碁棋士。

癌を患い5年前に手術をしたが、転移が見つかり再発。
幼馴染の咲和子を頼ってまほろばに来る。

 

 

 

CASE5 末期の膵臓癌患者

 

いのちの停車場

宮嶋一義

(柳葉敏郎)

末期の膵臓癌を患う元高級官僚。
最期の時間を平穏に過ごしたいと咲和子らに望んでいるが、

長年会えていない息子のことを気がかりに思っている。

 

宮嶋友里恵

(森口瑤子)

宮嶋一義の妻。
末期の膵臓癌である夫を献身的に支えている。
高校卒業後に家出をした息子を夫に
会わせたいと思っている。

 

 

 

CASE6 小児癌患者

 

いのちの停車場

若林祐子

(南野陽子)

8歳で小児癌を患う子供の母親
幼い娘に迫る死を受け入れられず、
新薬を使った治療を求める。

若林萌

(佐々木みゆ)

小児癌の少女で、
海に行くことに憧れている。
野呂に懐いている。

 

 

 

CASE7 骨折をきっかけにドミノ式に冒される

 

いのちの停車場

白石達郎

(田中泯

咲和子の父親。
妻に先立たれており、
咲和子が帰ってきたことを喜ぶ。
しかし、骨折をきっかけにドミノ式に病に冒されることとなる。

 

 

 

いのちの停車場 ストーリー

東京の救命救急センターで働いていた咲和子は、ある事件をきっかけに、故郷の金沢で「まほろば診療所」の在宅医師として再出発をする。様々な事情から在宅医療を選んだ患者と出会い、戸惑いながらも、まほろばのメンバーと共にいのちの一瞬の輝きに寄り添っていく。その時、最愛の父が倒れてしまい…。

 

映画「いのちの停車場」公式ホームページ↓

 

T・ジョイ東広島ほか全国の劇場で公開。

 

関連記事

【追悼 岡田裕介氏】東広島との つながり深く。 東映の会長 岡田裕介さんを しのんで

【岡田裕介さんと東広島】写真で振り返る|在りし日の思い出

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

おすすめ

トップへ戻る
© 2020 Higashi-hiroshima digital