東広島での生活をより豊かに、
より楽しくする地域情報サイト

東広島での生活をより豊かに、
より楽しくする地域情報サイト

複数ワードを検索する場合、半角スペースで区切ってください。

秋に獲れる刀のような形をした魚と書いて何と読む…? 【西条の有名飲食店・店長が論じます⑧】

2020.08.31

さんま

※写真はイメージ

 

こんにちは!西条にある某飲食店の店長です!
私が日々グルメに携わる中で、見たり・聞いたり・感じたことを一筆論じて参ります🖌
今回は「さんま」のお話し。

秋の味覚の代表的な鮮魚と言えば秋刀魚(サンマ)。名前の由来は、秋の月夜に照らされた〝さんま“は刀のように美しいという意味で「秋刀魚」と書くそうです。他にも「秋光魚」「西刀魚」「三馬」という漢字が用いられることも…。 ※諸説あります。あしからず…。

秋刀魚は8月後半から10月にかけてが旬。昔から栄養価の高さを評して 「さんまが出るとあんまがひっこむ」 などと言います。これは、脂ののったたんぱく質豊富なさんまを食べることにより、体のだるさが解消され食欲が増し、あんまの世話にならずにすむという意味です。旬のさんまをしっかり食べて健康に役立てたいものですね。

按摩(あんま)とは? 按摩は古代中国で生まれ、奈良時代に日本へ伝わったとされる手技療法で、按摩の按は「おす」、摩は「なでる」という意味をもちます。日本では国家資格である「あん摩マッサージ指圧師」の免許をもつ人のみが行うことのできる施術。

【関連記事】 京の料理人が編み出した超絶技巧「骨切り」!夏の魚料理といえば…! 【西条の有名飲食店・店長が論じます⑦】

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

おすすめ

トップへ戻る
c 2020 Higashi-hiroshima digital