東広島での生活をより豊かに、
より楽しくする地域情報サイト

東広島での生活をより豊かに、
より楽しくする地域情報サイト

複数ワードを検索する場合、半角スペースで区切ってください。

ラ・ボエームの大豆ミートキーマカレーをテイクアウト【東広島グルメリポート】

2021.08.25

コロナ禍で外食がしにくいときでも、おいしいプロの料理が食べたい! そんなときはテイクアウトを利用しよう!

 

東広島市鏡山の広島大学内のレストラン「ラ・ボエーム」。大学内にありますが、大学関係者でなくても利用でき、しかも、体にうれしい「おしゃれテイクアウトメニュー」があることはあまり知られていません。おしゃれ弁当をテイクアウトしました。

 

広島大学の学士会館内

 

レストラン「ラ・ボエーム」は、広島大学の敷地内、学士会館の1階にあります。

 

車で行く場合、第1ゲートから入り、守衛さんに「レストランの利用で来ました」と伝えてください。

春季、夏季、冬季などの休業中はゲートが開放されるので、第1ゲート以外からでも入れます。

 

ナビやスマホのマップで「ラ・ボエーム」を検索すると、大学内まで案内してくれます。

 

こちら↓学士会館の1階にラ・ボエームがあります。

ラボエーム

この周辺にいくつか駐車場があります。筆者は学士会館の目の前にある「北第10駐車場」を利用しました。

 

駐車料金はかかりません。

 

ラ・ボエームの入口↓

ラボエーム

 

テイクアウトは、惣菜メニュー2つが前日までの要予約ですが、これ以外は当日の注文OK!

 

筆者は電話で注文して、約20分後に受け取りに行きました。

 

このドアを入って右手のレジカウンターで、支払いと受け取りをします。

 

持ち帰り用のビニール袋は1枚10円。ぜひマイバッグ持参を。

 

大豆ミートキーマカレー

 

たくさんのメニューの中から、

「大豆ミートキーマカレー」850円(税込み)

「豆乳パンナコッタ(ベリーソース)」150円(税込み)

をセレクト。

 

野菜たっぷりで、彩りが良くおしゃれ♩

ラボエーム

 

副菜部分は3つのカップに分かれています。この日は、以下の内容でした。

①サラダ(バルサミコ酢がきいたさっぱりドレッシング。このオリジナルドレッシングはレジ横で販売されていました)

②エビ、アボカド、モッツァレラチーズのオリーブ和え

③2種のソーセージのジャーマンポテト

 

いずれも、調味料が効果的(ちょうどいい塩梅)に使われていて、食材の味が生かされています。

 

キーマカレーは、今、注目の大豆ミートを使用。

ラボエーム

この大豆ミート、弾力があって、食感はほんとのミンチのようです。正直、「大豆よ」って言われないと、分からないと思います。

 

カレーはスパイスがきいていますが、さっと引く、ベストな辛さ(筆者は中辛くらいかなと感じました)。

 

カレーをしっかりかんで食べながら、間で副菜の味のバリエーションを楽しむ。

 

普段は、無意識であっという間に食事をしてしまうこともありますが、今回は、ゆっくり料理と向き合いながら、食事ができたと思います。

 

豆乳パンナコッタは、ちょうどよい甘さ。

豆乳くささはなく、食べ終えてすぐ、「もう1個食べたい」と感じました。

 

豊富なメニュー

 

ラ・ボエームのテイクアウトは月~金曜日の昼のみ。

 

メニューは大きく分けて①弁当②カレー③惣菜④デザート。

 

弁当のメインおかずが選べるようになっていたり、カレーにアジフライやカニクリームコロッケをトッピングできたりと、自分好みにカスタマイズできるシステム。

 

ラボエーム

 

たくさんあり過ぎて、迷う時は電話で店員さんに聞いてみてください。

 

筆者も迷って、電話でいろいろ聞きましたが、とっても気持ちよく答えていただきました。

 

ラボエーム

 

こちら↓は前日までに要予約の惣菜ボックス。2~3人でのシェアにぴったり。

ラボエーム

昼に受け取って冷蔵庫に入れておき、夜ご飯にしてもいいですね。

 

全てのメニュー、大学内では配達もしているそうですよ。

学外の配達の相談も可能とのこと。

 

いずれのメニューも野菜たっぷり&もち麦ごはん。

 

体にうれしくて、おしゃれなメニューを味わってみては。

 

店舗情報
ラ・ボエーム
住所 
東広島市鏡山1-2-2 広島大学学士会館1階
営業時間
11:30-14:30
テイクアウトの受付は10:00-14:00
電話番号
082-423-2224 
定休日
土・日曜日、祝日
※価格・メニュー内容・営業時間などは取材時のものです。最新の情報はお店に直接ご確認下さい

文・写真 Reiko Hashimoto

 

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

おすすめ

トップへ戻る
© 2020 Higashi-hiroshima digital