東広島での生活をより豊かに、
より楽しくする地域情報サイト

東広島での生活をより豊かに、
より楽しくする地域情報サイト

複数ワードを検索する場合、半角スペースで区切ってください。

ALTと英語でコミュニケーション 親子ら430人参加

2018.03.27

カードを使ったマジックに挑戦する参加者

 

県内の外国語指導助手(ALT)と英語でコミュニケーション交流をする「子ども英語村 目指せ、世界のスター!」が3月3日、東広島市鏡山のひろしま国際プラザであった。小学生以下を対象としたイベントで、市内外から園児や児童、保護者ら約430人が参加した。幼少期から英語に触れることで、英語への関心や異文化への理解を深めてもらおうと、市の委託で(公財)ひろしま国際センター研修部が主催。今年で4回目。


参加者はダンスやアクション、カードを使ったマジック、動物やゾンビのまねをするポーズ&ウオーキングなど、全活動を英語で挑戦。オープンスペースでは、スーパーマンやアナ雪のエルサなど映画のキャラクターに扮(ふん)したALTとのおしゃべりも楽しんだ。

 

高屋西小3年の江渕碧衣さん(9)は「もっと英語を上手にしゃべれるようになって、外国の人と仲良くなりたい」、郷田小5年の緒方真那斗君(11)は「ウルバリンとのおしゃべりが楽しかった。英語は難しいけど話せて良かった」と笑顔だった。

 

この日は、東広島市や竹原市、海田町など県内7市町から26人のALTがボランティアとして協力した。
(茨木)

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

おすすめ

トップへ戻る
c 2020 Higashi-hiroshima digital