東広島での生活をより豊かに、
より楽しくする地域情報サイト

東広島での生活をより豊かに、
より楽しくする地域情報サイト

複数ワードを検索する場合、半角スペースで区切ってください。

守り勝つ野球で強豪に挑む 広島六大学・春季リーグで優勝

2018.06.11

全日本大学選手権に出場する広島大硬式野球部

 

広島大硬式野球部が広島六大学野球の春季リーグで、17季ぶり12度目の優勝を飾り、6月11日から神宮球場などで開かれる全日本大学野球選手権への出場を決めた。選手たちは「(全国では)1勝はしたい。野球を楽しむ気持ちで挑む」とひのき舞台を心待ちにしている。

 

「1点にこだわる」。広島大が春季リーグで、掲げた野球だ。昨秋のリーグで、得点力不足が響き3位に終わったからだ。冬場には、エンドランや走塁、バントなどの緻密な練習を徹底して行い、1点を取るための野球を体に覚え込ませた。

 

成果は如実に表れた。春季リーグでは、好機を確実に得点に結び付け、中田朋輝選手(工学部4年)や橘知哉選手(工学部3年)たち投手陣が踏ん張る、守り勝つ野球で頂点に立った。優勝候補の近大工学部に2勝1敗で競り勝って勝ち点を挙げるなど、全5大学から勝ち点を挙げる完全優勝だった。主将で捕手の國政隆吾選手(教育学部4年)は「完全優勝とはいえ、勝つ苦しみを存分に味わったリーグだった。それだけに優勝はうれしい」と胸を張った。

 

国立の広島大は選手同士で話し合いながら、練習メニューを組み、それぞれが主体的に練習に取り組む。レギュラークラスに高校時代の甲子園経験者はいない。選手の主体性と雑草魂が、今回の快進撃を支えた要因にもなった。

 

私立の強豪がひしめく全日本大学選手権は35年ぶり3度目の出場となる。初戦は東北福祉大(仙台六大学)と対戦する。

 

春季リーグで6勝を挙げ、最優秀選手賞と最優秀防御率賞、ベストナインの3冠を獲得したプロ注目右腕の中田選手は「僕の野球人生で初めての全国舞台。自分の力が私立の強豪にどれだけ通用するか試したい」と言い切れば、遊撃手でベストナインに輝いた伊藤章悟選手(経済学部4年)は「勝つという気持ちしか持っていない」と力を込める。

(日川)

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

おすすめ

トップへ戻る
c 2020 Higashi-hiroshima digital