東広島での生活をより豊かに、
より楽しくする地域情報サイト

東広島での生活をより豊かに、
より楽しくする地域情報サイト

複数ワードを検索する場合、半角スペースで区切ってください。

人力で撤去できない土砂 宅地内でも市が重機で撤去

2018.07.26

木が混ざった土砂が自宅に 流れ込んだ家(西条町)

 

復旧作業で、大量に発生する土砂ごみ。東広島市は7月24日、宅地内に流れ込んだ流木や岩石が混ざった土砂について、重機による撤去の依頼受け付けを始めた。

 

被災前までに実際に居住していた家屋のある民有地が対象で、人力では土砂を撤去できないケースに限る。

 

また、人力によって集めた土のう袋などに入れた土砂や流木については、家の前の道路に出し、市に連絡することで撤去される。

 

市は、地区ごとに順次作業を始めるため、着手までに2カ月程度かかることがある、としている。申し込みは市宅地土砂撤去担当班082(426)3119へ。当面は土・日・祝日も対応する。

 

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

おすすめ

トップへ戻る
c 2020 Higashi-hiroshima digital