東広島での生活をより豊かに、
より楽しくする地域情報サイト

東広島での生活をより豊かに、
より楽しくする地域情報サイト

複数ワードを検索する場合、半角スペースで区切ってください。

【市戦没者追悼式】遺族ら約250人が参列 平和への思い新たに

2018.09.03

子ども平和メッセージで「平和」の字を披露し誓いを述べる上野さん

 

 東広島市は8月22日、同市黒瀬町菅田の市黒瀬生涯学習センターせせらぎホールで「東広島市戦没者追悼式並びに平和祈念式典」(市遺族連合会、市教育委員会共催)を開催した。高垣広徳市長や市遺族連合会の栗原信明会長、遺族ら約250人が参列し、戦没者の冥福を祈るとともに、平和への思いを新たにした。


 高垣市長は「改めて戦争の悲惨さ、平和の尊さを深く心に刻み、次の世代に継承していく必要がある」と述べた。参列者は祭壇前に設けられた献花台に白い菊を手向け、静かに手を合わせた。


 子ども平和メッセージでは、八本松小6年の上野咲希さんが、筆で書いた「平和」の字を披露し「相手の気持ちをくみ取り、認め合うことが平和な世界につながっていくはず」と平和への誓いを発表した。
(茨木)

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

おすすめ

トップへ戻る
c 2020 Higashi-hiroshima digital