東広島での生活をより豊かに、
より楽しくする地域情報サイト

東広島での生活をより豊かに、
より楽しくする地域情報サイト

複数ワードを検索する場合、半角スペースで区切ってください。

【高垣市長】100歳迎えた高齢者祝う 清水迫春枝さん宅など訪問

2018.09.27

 

高垣市長と談笑する清水迫さん(左)

 

 高垣広徳市長は9月7日、100歳を迎えた清水迫春枝さん宅(東広島市西条町寺家)を訪れ、長寿を祝った。高垣市長は、清水迫さんに、国からの祝い状と銀杯、東広島市からの褒状と敬老祝金目録を手渡し、「末永くお元気でありますように」と声を掛けた。


 清水迫さんは、大正7年5月5日生まれ。高垣市長から「長生きの秘訣は」と聞かれると「無理をしないで動くこと」とほほ笑んだ。息子さん夫婦と暮らしている清水迫さんの日課は、朝、みそ汁を作ることと、米をとぐこと。「楽しみなことは、8人の孫と3人のひ孫に会うこと」と顔をほころばせた。


 9月は老人保健福祉月間で、高垣市長は、長寿を祝うために100歳を迎えた高齢者の自宅を訪問している。2018年1月1日〜2019年3月31日までの間に、市内で100歳を迎えるのは74人。市役所で直接、褒状を受け取ることもできる。9月1日現在の最高齢は、男性は104歳、女性は106歳。
(石田)

 

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

おすすめ

トップへ戻る
c 2020 Higashi-hiroshima digital