東広島での生活をより豊かに、
より楽しくする地域情報サイト

東広島での生活をより豊かに、
より楽しくする地域情報サイト

複数ワードを検索する場合、半角スペースで区切ってください。

入選作品の展示始まる 書や彫刻など力作130点【東広島市美展】

2020.02.06

 

東広島市美展

 

 第32回東広島市美術展(東広島市教委主催)の入賞・入選作品の展示が、東広島市八本松南の市立美術館で始まった。Ⅰ期展(絵画)、Ⅱ期展(書)、Ⅲ期展(彫刻・工芸・写真・デザイン)に分けて、審査員の作品とともに紹介される。
 今年は6部門に、市内外から168点の応募があり、130点が入選。その中から優秀賞8点、奨励賞16点が選ばれた。
 1月26日まであったⅠ期展には、審査員の作品を含む50点の絵画が展示された=写真。友人と訪れた、西条町下見の菅原茂さん(94)は、1979年から約6年間、同美術館の初代館長を務めた。「この場所で行われる最後の市美展で、感慨深い。どれも素晴らしい作品ばかり」と満足していた。市文化課の安本信子主査は「デザイン性だけではなく、技術工程を評価された作品も。たくさんの人に見てほしい」と話していた。
 Ⅱ期展は2月1~9日、Ⅲ期展は2月15~23日。いずれも、初日の10時30分から審査員による作品講評会が開かれる。一般100円、大学生70円、高校生以下無料。開館は午前10時~午後5時。月曜休館。
(茨木)

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

おすすめ

トップへ戻る
© 2020 Higashi-hiroshima digital