東広島での生活をより豊かに、
より楽しくする地域情報サイト

東広島での生活をより豊かに、
より楽しくする地域情報サイト

複数ワードを検索する場合、半角スペースで区切ってください。

あれもこれも全部チューリップ♪東広島「R FLOWER」で春の花を楽しむ!

2020.03.12

LIVING WITH FLOWER―花のある生活―では、東広島市内の花屋さんに季節の花や栽培方法、生け方などを紹介!

 

今回は東広島市西条朝日町に店舗を構える「R FLOWER」で、春の花チューリップについて話を聞きました!

 

この投稿をInstagramで見る

プレスネット@東広島デジタル【公式】(@pressnet_hhdigital)がシェアした投稿

 

一重咲きに八重咲き、フリル咲きにクラウン咲き…咲き方で印象がガラリと変わるチューリップ。形で選ぶ人、色で選ぶ人、1本ずつ買っていく人もいるそうで、品種リストには5000を超える品種が登録されているそうですよ。

 

童謡で歌われたことも関係しているのか、春の花で一番認知度が高い、そんなチューリップは、まさに今が旬!

 

生けるときは、水は少なめで花瓶に浸かる葉は取り除くのがポイント。

 

水耕栽培のチューリップはいつもとは違う視点で開花を楽しめそう♪

この季節、卒業式、入学式、歓送迎会等々で花をいただくことも多いと思います。しかし、「花は何に生けたらいいのだろう…」と難しく考えていませんか?

 

「R FLOWER」の店内には、牛乳瓶だったり、お酒の瓶だったり、ここではいろんな瓶が販売されていて、実際にに生けてあります。変わった形の壺やランプ型の瓶もとてもすてきで、まさにインスタ映えです♪

◎チューリップの価格は1本200円~250円と、リーズナブル。
◎壺 2000円 ◎ジョウロ 1800円
◎瓶(小) 200円 ◎瓶(ライト型) 1200円
※3月1日現在の本体価格


 最後に、《TULIP》花言葉は「思いやり」。色ごとに花言葉があり、赤は「愛の告白」「真実の愛」、ピンクは「愛の芽生え」「誠実な愛」がある。大好きな人には赤やピンクのチューリップを。

 

チューリップ

フリルのような花びらが魅力的のチューリップ

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

おすすめ

トップへ戻る
c 2020 Higashi-hiroshima digital