東広島での生活をより豊かに、
より楽しくする地域情報サイト

東広島での生活をより豊かに、
より楽しくする地域情報サイト

複数ワードを検索する場合、半角スペースで区切ってください。

【ニュースの見方】河井議員夫妻を逮捕。国会議員夫妻の同時逮捕は国政史上前代未聞!

2020.07.03

2020年6月18日、東京地検は河井克行衆議院議員と河井案里参議院議員夫妻を公職選挙法違反容疑で逮捕しました。現職の国会議員夫妻が同時に逮捕されるということは国政史上前代未聞のことでした。

昨年の9月11日に発足した第4次安倍第2次改造内閣で法務大臣として初入閣していた河井克行議員が10月31日、突然法務大臣を辞任しました。同日発売された週刊誌に、妻である河井案里参議院議員の公職選挙法違反の疑惑が報道されることを察知した河井法務大臣が、法務行政の妨げになるという理由で辞任したのです。10月25日にも、菅原一秀前経済産業大臣が同じく公職選挙法違反の疑いをマスコミに指摘され辞任しており、安倍内閣としては大きな痛手となりました。

今回の逮捕理由によると、激戦となった昨年7月の参議院選挙広島選挙区の選挙運動において、河井克行議員が直接90人を超える県議など政治家に2400万円を超える金品を渡した買収容疑と妻案里議員が河井克行議員と共謀して、170万円を数名に渡した買収容疑となっています。

当選には広島県全域で約30万票を獲得しなければならないわけで、この買収金額で当選が可能になる票を獲得できるわけはなく、受け取ったとされる県議たちも、受領したとされる金額で、案里議員の当選を期して積極的に活動したということは考えられません。なぜこのような稚拙な買収行為を行ったのかということは、東京地検の今後の捜査を待たなければなりません。
(政治評論家伊藤正義)

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

おすすめ

トップへ戻る
c 2020 Higashi-hiroshima digital