東広島での生活をより豊かに、
より楽しくする地域情報サイト

東広島での生活をより豊かに、
より楽しくする地域情報サイト

複数ワードを検索する場合、半角スペースで区切ってください。

菅氏「解散は新首相が判断」 コロナ収束に全力

2020.09.05

時事通信社

 

 自民党総裁選(8日告示、14日投開票)に立候補する菅義偉官房長官(71)は5日午前、読売テレビの番組で、衆院解散・総選挙について「新しく総理、総裁になった方が判断することだ」と強調した。同時に、まずは新型コロナウイルス感染収束に全力を挙げる考えも示した。

 衆院議員の任期は来年10月まで。菅氏が新首相に就いた場合、早期に解散するとの観測が与野党にある。

 菅氏は番組で「私は官房長官の会見でよく、安倍晋三首相がいつ解散するか(記者から)聞かれたときに『総理が解散すると言えば解散、しなければしない、それ以上でもそれ以下でもない』と申し上げてきた。私が言ってきた通りだ」と含みを持たせた。

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

おすすめ

トップへ戻る
c 2020 Higashi-hiroshima digital