東広島での生活をより豊かに、
より楽しくする地域情報サイト

東広島での生活をより豊かに、
より楽しくする地域情報サイト

複数ワードを検索する場合、半角スペースで区切ってください。

【イベント】ぐるマルフェスタとあいサポートフォーラム合同イベント開催♪どんなイベントだったかを紹介しま~す♫

2020.10.12

ぐるまる2020

 

2020年9月26日(土)―。

東広島市西条栄町の「東広島市芸術文化ホールくらら」では、なにやら人だかりが。

このイベントは、誰もが暮らしやすい地域共生社会を目指したイベント「ぐるマルフェスタ・あいサポートフォーラム2020ひがしひろしま」


新型コロナウイルス感染症の拡大防止の対策を取りながら、約800人の来場者で賑わっていました。

 

今年から取り組まれた
新型コロナウイルス感染症拡大防止の対策


①入口で検温を実施↓
ぐるまる2020

②マスク着用での来場及び手の消毒↓
ぐるまる2020

③混雑が予想されそうなイベントは
 当日・事前予約制にして対応↓
ぐるまる2020

 

いざ、潜入!!

ぐるまる2020

 

っと、その前に、、、

皆さんはこのイベントをご存じですか?

そもそも、このイベントが何なのか分からない人も多いと思いますので、簡単に説明します♪

教えてうさぎ

 

『ぐるマルフェスタ』
東広島市の地域包括ケアシステムと地域包括支援センターの普及啓発を目的に開催するイベントのこと。


疑問な女性


あれ?
さらに難しくなった?


東広島市では、高齢になっても地域の中で安心して生活できるまち「ぐるっとマルごと東広島(東広島版地域包括ケアシステム)」を目指して活動しているので、その活動のお披露目の場や多くの人に知ってもらうイベントなんです。

 

『あいサポートフォーラム』

東広島の市民に対し、障害があることに対する理解を深めることで、障害の有無に関わらず誰もが暮らしやすい共生社会に向けた意識の醸成を図るためのイベント。

東広島のみんなが、障害について学び、理解することで、今よりもっと暮らしやすいまちづくりができるって考え。

 

この度は、これらのイベントが合体!!合同で開催されました。

つまり、二つまとめて、世代や分野を越えて誰にも優しい東広島市をみんなで作っていこうよっていうイベントなんですね。

この考え方を「地域共生」(地域で「共に生きる」)と言うんですね♪

 

グー女性

3階建ての東広島芸術文化ホールくららをフル活用して行われたイベントを写真付きで紹介していきます。
来場できなかった人でも雰囲気が伝われば、嬉しいです♪

 

大ホール

 

福祉講演会

「ダウン症の娘と共に生きて」


ダウン症の書家・金澤翔子さんによるパフォーマンス「席上揮毫(せきじょうきごう)」と、母親の泰子さんによる苦悩と幸福の日々のお話から、共生社会へのヒントをもらいました。パフォーマンスには大きな拍手が沸き起こりました。

ぐるまる2020

真剣に「席上揮毫(せきじょうきごう)」を行う金澤翔子さん(右)

席上揮毫市民が見守る中、少しずつ魂がこもった文字が完成していく…

席上揮毫母親の金澤泰子さんによる講演会

 

聴覚障害者支援分科会

「きこえない子どもたちの夢を育む」手話パフォーマンスとパネルディスカッション。決してあきらめずに、夢をつかもうと訴えるパネリストの熱い想いが会場を包み込んでいました。拍手を手話で行っていたのが印象的でした。

ぐるまる2020

 

 

小ホール

 

東広島夢コレクション

65歳以上のシニアがヘアメイクをし、レッドカーペット上をウォーキングする「ぐるマルフェスタ」の人気イベント。今年は過去の映像をステージで上映しました。


黒瀬高等学校福祉科の生徒による手話歌

手話を交え、あいみょんの「マリーゴールド」、さだまさしの「いのちの理由」、竹内まりあの「いのちの歌」を披露しました。

ぐるまる2020

若さ溢れるパフォーマンスにみんなの目線がくぎ付けに。やっぱり一生懸命な姿は感銘を受けますね。

ぐるまる2020

 

「認知症施策新しい時代に」認知症の人の権利擁護

自己決定支援について広島県認知症介護指導者会会長、特別養護老人ホーム御薗寮本永史郎施設長が講演しました。

 

「つながり」「支え合う」地域の取組報告会

地域住民と関係機関が連携し、支え合いの地域づくりを進める社協からの報告会が行われました。

ぐるまる2020

 

 

羽ばたけ思い「私たちのことをもっと知って過去と今、そして未来へ」

障害を持つ当事者からのメッセージをパネル展示し紹介。

 

3階体験ブース

 

自分の体を知ってフレイル予防

加齢に伴い、筋力や心身の活力が低下していく状態のことを「フレイル(虚弱)」といいます。簡単な運動でフレイル診断。体験者からは笑みもこぼれていました。

ぐるまる2020

 

VR認知症体験

認知症でない人が、VRの技術を活用し、認知症の中核症状を体験します。「学ぶ」のではなく「体験する」ことで認知症への理解を深めていました。

ぐるまる2020


テレビ電話体験

新型コロナウイルス感染症拡大により外出機会が減少した高齢者のためのリモートでの体操指導体験。


テレビ電話体験-ぐるマル

市民ギャラリー


ぐるまる2020

広国市民大学の活動紹介
地域の皆様の学び場として開学した広島国際大学の活動内容(学びのコースや講座内容等)を紹介しました。


身体フレイルを予防して健康寿命を伸ばす
地域の皆様の身体フレイルに関する運動能力の測定と相談を無償で行いました。

ぐるまる2020

福祉に愛に行こう!
広島県立黒瀬高等学校福祉科の活動について写真やムービーで紹介しました。


その他ブース紹介

こもれび広場↓
ぐるまる2020


義肢装具士養成の紹介↓

ぐるまる2020
「HOT(ほっと)けんステーション」ってなに?↓

ぐるまる2020


認知症サポーター養成講座↓

ぐるまる2020


終活セミナー&終活個別相談↓

ぐるまる2020


様々な人たちが、色々な所で、誰もが暮らしやすい地域共生社会を目指して、発表したり、展示したり、パフォーマンスをやったり、体験させるなどして開催された「ぐるマルフェスタ・あいサポートフォーラム2020ひがししひろしま」。またひとつ、東広島が優しいまちに近づいたのかもしれないですね。

 

東広島市の公式SNSでは動画も配信されています

問い合わせ

東広島市健康福祉部
地域包括ケア推進課

TEL.082-420-0984


東広島市健康福祉部障害福祉課

TEL.082-420-0180

東広島市西条栄町8-29

(文:プレスネット繁澤)


\\困り事を動画で一緒に考えませんか?//
東広島-包括ケアシステム



この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

おすすめ

トップへ戻る
c 2020 Higashi-hiroshima digital