東広島での生活をより豊かに、
より楽しくする地域情報サイト

東広島での生活をより豊かに、
より楽しくする地域情報サイト

複数ワードを検索する場合、半角スペースで区切ってください。

3町周遊 初秋の県央楽しむ!セントルマルシェが新型コロナで分散開催されました!

2020.10.23

 

 南フランス・プロバンス地方の市場をイメージ した「 セントルマルシェ 」が10月3日と4日東広島市豊栄町・福富町・河内町の県央3町でありました。

 

 新型コロナウイルス拡大防止のため、「 プチマルシェ 」をテーマに会場を分散し、1カ所に人が集まり過ぎないように工夫されました。

 

 来場者は3町を周遊して初秋の県央エリアを楽しんでいました。

 

 

 3町の農商工業者と地元の県央商工会が、県央エリアの魅力を発信しようと2017年夏から定期的に開催しています。

 

 8回目となる今回は、小石川観光りんご園(豊栄町清武)、トムミルクファーム(豊栄町乃美)、こうち寄りん菜屋(河内町小田)をメイン会場に、 計9カ所で14業者が出店 しました。

 

 福富産のエルダーフラワー(セイヨウニワトコ)で香り付けしたクラフトビールや、豊栄産の小麦の全粒粉で焼いたパンに、鶏ミンチと卵、りんごのスライスなどを挟んだバーガーなど、地元食材を使った飲食屋台が並びました。

 

 

 牧草を刈る機械が付いたトラクターの試乗体験や、杉の板を使ったベンチ作りができるワークショップ もありました。

 

 

 高屋町の40代女性は「分散開催で密になりにくく、安心して楽しめた。これまで足を運んだことがなかったいろいろな所を周遊して、新しい発見もあった」と笑顔でした。

 

 県央商工会の中島茂樹事務局長は「多くの人に来ていただき、参加事業者に元気をいただいた。会場を巡る 新しいマルシェのスタイル を楽しんでもらえたのでは」と話していました。

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

おすすめ

トップへ戻る
c 2020 Higashi-hiroshima digital