東広島での生活をより豊かに、
より楽しくする地域情報サイト

東広島での生活をより豊かに、
より楽しくする地域情報サイト

(仮称)八本松スマートICの設置が正式に決定。東広島市の西条IC-志和IC間で開通します

2020.10.23

 東広島市が国交省に要望していた(仮称)八本松スマートIC(インターチェンジ)の設置が10月23日、正式に決まりました。


  スマートICの設置場所は山陽自動車道西条ICと志和IC間(約11㌔)のほぼ中間にある八本松町正力地区。

 

 八本松地区には、ダイキョーニシカワをはじめとする多くの企業が立地していますが、両ICまでのアクセス道路に渋滞箇所が点在し、物流などに影響を与えています。

八本松スマートIC地図

▲八本松スマートICの設置予定場所

 

 



 このため、東広島市が中国地方整備局を通して国交省に要望していました。スマートICの具体的な開通時期や名称などは今後詰めていきます。 市によると、2026年度末の開通を西日本高速道路に要望し、協議を進めるということです。

 

八本松スマートic効果

八本松スマートIC設置による変化と期待される効果

 

 



 今回の設置の決定に、高垣広徳市長は「山陽自動車道と国道2号のネットワークが強化されることで、災害時の交通網の多重化に役立つほか、新たに整備する『道の駅西条 のん太の酒蔵』 link-out.png と連携した観光振興も期待される」とコメント。



 東広島商工会議所の木原和由会頭は「これまで尽力いただいた関係者の皆さまに感謝したい。高速道路の利便性が高まり、企業の進出や雇用機会の創出など、産業活動の活性化が図られる」と期待を寄せています。


 (仮称)八本松スマートICは、県内5カ所目のスマートIC。利用車両はETC(自動料金収受システム)搭載車に限定されます。


この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

おすすめ

トップへ戻る
c 2020 Higashi-hiroshima digital