東広島での生活をより豊かに、
より楽しくする地域情報サイト

東広島での生活をより豊かに、
より楽しくする地域情報サイト

複数ワードを検索する場合、半角スペースで区切ってください。

東広島法人会と東広島間税会が新市立美術館にAEDを寄付しました 

2020.11.04

AED寄付

 

東広島法人会(東広島市西条中央、上垣健会長)と東広島間税会(同、石井英太郎会長)は、11月3日にオープンした東広島市立美術館(同市西条栄町)にAED(自動体外式除細動器)と収納ボックス約50万円相当を寄付しました。

 

寄付したAEDはPHILIPS(フィリップス)製で、美術館の壁や床の色と調和するように、収納ボックスのデザインにこだわったとのこと。西条中央公園に面する北側エントランスに設置されました。

 

10月28日には市役所で寄付受納式が行われ、上垣会長と石井会長が高垣広徳市長に目録を手渡しました。

高垣市長は「市民が安心して美術館に訪れることができる」と感謝の言葉を述べました。

 

上垣会長は「AEDは万一に備え絶対に必要な物。これからも寄付を続けていきたい」と話していました。

 

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

おすすめ

トップへ戻る
c 2020 Higashi-hiroshima digital