東広島での生活をより豊かに、
より楽しくする地域情報サイト

東広島での生活をより豊かに、
より楽しくする地域情報サイト

複数ワードを検索する場合、半角スペースで区切ってください。

サンフレの森崎和幸C.R.M招く 親子ら150人参加 市でサッカーフェスタ

2020.11.24

コロナ禍で外で遊ぶ機会の少なくなった市内の小学生を対象に 、東広島市ファミリーサッカーフェスタ(東広島市教育委員会・サンフレッチェ広島共催)が11月23日、西条町田口の東広島運動公園陸上競技場のサッカーグラウンドで開かれた。

 

 

記念写真に納まる参加者ら(撮影・山北)

 

ゲストにサンフレッチェ広島の元選手で、現サンフレッチェ広島C.R.M(クラブ・リレーションズ・マネージャー)の森崎和幸さんを招き 、サンフレッチェ広島のコーチが指導を行った。小学1・2年生の親子ペア25組、3・4年生の親子ペア25組、5・6年生の児童50人の計150人が、サンフレッチェ広島のマスコットの“サンチェ”と一緒に、芝生の上でサッカーを楽しんだ。

 

森崎C.R.M(右)とサッカーを楽しむ児童ら(撮影・山北)

 

児童らは、しりとりをしながらボールを回すなどゲーム形式のウオーミングアップで、森崎さんと歓声を上げながらボールを追い掛けていた。その後、ゼッケンを付けて2チームに分かれて試合をした。児童たちは、森崎さんと触れ合いながら、サッカーの楽しさを実感していた。

親子で参加した西条町寺家の山本久美さん(43)は「子どもとボールを追い掛け、楽しい時間を共有できた。とても良かった」と目を細めていた。森崎さんは「サッカーを通じて家族とのコミュニケーションをしっかり取ってもらえたら」と話していた。(山北)

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

おすすめ

トップへ戻る
c 2020 Higashi-hiroshima digital