東広島での生活をより豊かに、
より楽しくする地域情報サイト

東広島での生活をより豊かに、
より楽しくする地域情報サイト

複数ワードを検索する場合、半角スペースで区切ってください。

【東広島市長が会見】 初のクラスター発生  該当店舗利用者に「至急相談を」

2020.12.05

 
市長クラスター会見

記者会見で、感染拡大防止のため「勝負の2週間」になると説明する高垣市長

 

 東広島市内で初の新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生したことを受け、東広島市の高垣広徳市長は12月5日、市役所で記者会見を開いた。

 クラスターが発生したのは西条岡町の酒類提供店「ナイトラウンジ京子」。12月4日午後7時45分時点で、従業員5人、利用客1人の感染が確認されている。

 県の発表によると、感染があったと推測される期間に店舗を利用した客は約100人で、12月5日現在で足どりがつかめていない人が約60人いるという。

 会見で高垣市長は「11月14から28日までの間に該当店を利用した人は、至急『受診・相談センター』に相談をして欲しい」と呼びかけた。

 また、今回、店舗名を公表したことについては「これ以上の感染拡大を防止するために理解いただいた」と説明。「これまでもお願いしているとおり、感染者・医療関係者やその家族を誹謗・中傷・差別することは絶対にやめて」と加えた。

 高垣市長は、政府が集中的な感染防止の期間とした「勝負の3週間」の開始から約1週間が経過したことから、「東広島市にとってもこれからが勝負の2週間」と話し、マスクの着用▽手指の消毒▽3密の回避▽換気の実施と程度な保湿▽感染リスクの高まる「5つの場面」に気を付けるーなどの感染対策を呼びかけた。


『受診・相談センター』(積極ガードダイヤル)
082−513ー2567(24時間対応)





【速報】新型コロナウイルス 東広島市で初のクラスター。本市15~19例目の感染者を確認(12月4日発表)

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

おすすめ

トップへ戻る
c 2020 Higashi-hiroshima digital