東広島での生活をより豊かに、
より楽しくする地域情報サイト

東広島での生活をより豊かに、
より楽しくする地域情報サイト

複数ワードを検索する場合、半角スペースで区切ってください。

高垣広徳市長と語ろう!:故郷に帰る思い「同世代の人たちとタッグ、まちを盛り上げたい」

2020.12.08

左から高垣市長、柄さん

 

  東広島市の高垣広徳市長と市民が気軽にトーク。今回は、柄酒造の柄総一郎さんと「故郷に帰る思い」をテーマに、FM東広島の番組でおしゃべり。その一部を紹介。

柄さん「同世代の人たちとタッグ、まちを盛り上げたい」

 

 ―柄さんは安芸津町の出身。大学進学で上京。卒業後は照明メーカーに就職し12年間勤務。今年10月に安芸津町へUターンし、実家の柄酒造で働いています。Uターンのきっかけは。

 

 :以前から漠然とは考えていましたが、西日本豪雨で実家の酒蔵が壊滅的な被害に遭ったことが大きなきっかけとなりました。復興に際し、ボランティアの皆さん、地域の人たちが協力してくださいました。その姿を見る中で、蔵を残した方がいいのではないか、という気持ちが大きくなりました。

 

 ―結婚してお子さんがいらっしゃいます。帰ってくるにあたって不安はありませんでしたか。

 

 :東京のふるさと回帰支援センターに相談し、東広島市の担当者とつながりました。電話で相談したり、資料を送ってもらったりして、現状の市や子育てに関する情報を得ることができたので、不安は少なかったです。

 

 市長:コロナ禍で地方が選ばれる流れができつつあります。地方は「適散・適集」。適度に集まり、適度に分散する、ということが実現しやすい。東広島市はチャンスだと思っています。Uターンをはじめ、大都市、近接地からの移住などに期待しています。子育て世代に選んでもらえるまちになるような施策も考えているところです。

 

高垣市長「Uターンや大都市からの移住に期待。選ばれるまちへ」

 

―帰って来て約1カ月半ですが、今後の意気込みは。

 

 柄:まずは、酒造りをしっかりできるように精進していきたいです。そして、安芸津町の同世代の人たちとタッグを組みながら、安芸津町、東広島市を盛り上げるために頑張っていきたいと思っています。

 

市長:若い力はまちの活性化にとってなくてはならないものです。安芸津町はカキなど特産品がたくさんあります。食と日本酒は相性がいいので、柄さんにはぜひ日本酒の楽しみ方を発信していただきたいですね。

 


 

高垣広徳市長と語ろう!:【テーマ】持続可能なまちへ一歩一歩

  東広島市の高垣広徳市長と市民が気軽にトーク。今回は、エコネットひがしひろしまの事務局長・小池恵美子さんと「持続可能なまちへ一歩一歩」をテーマに、FM東広島の番組でおしゃべり。その一部を紙面で紹介。 小池さん […]

高垣広徳市長と語ろう!:【テーマ】まちの笑顔を創る・伝える・再発見

    東広島市の高垣広徳市長と市民が気軽にトーク。今回は、ディスカバー東広島の青山真也さんと松尾章子さんと「まちの笑顔を創る・伝える・再発見」をテーマに、FM東広島の番組でおしゃべり。その一部を紹介。 青山さ […]

高垣広徳市長と語ろう!:故郷に帰る思い「同世代の人たちとタッグ、まちを盛り上げたい」

    東広島市の高垣広徳市長と市民が気軽にトーク。今回は、柄酒造の柄総一郎さんと「故郷に帰る思い」をテーマに、FM東広島の番組でおしゃべり。その一部を紹介。 柄さん「同世代の人たちとタッグ、まちを盛り上げたい […]
市長と語ろう 高垣市長 福岡春芽さん

高垣広徳市長と語ろう!「命をつなぐ取り組み」

    東広島市の高垣広徳市長と市民が気軽にトーク。今回は、広島国際大学保健医療学部2年の福岡春芽さんと「命をつなぐ取り組み」をテーマに、FM東広島の番組でおしゃべり。その一部を紙面で紹介。 福岡さん「骨髄移植 […]

高垣広徳市長と語ろう!「オンラインで酒まつりを世界に発信」

   東広島市の高垣広徳市長と市民が気軽にトーク。今回は、酒まつり実行委員会・委員長の徳森和芳さんと「オンラインで酒まつりを世界に発信」をテーマに、FM東広島の番組でおしゃべり。その一部を紹介。📻音声を聞く   […]
対談

【対談】新型コロナウイルス対策、新しい生活に向けて「収束の形見えない 警戒は継続を」(勇木院長)

   FM東広島の番組「市長と語ろう」では、東広島市の高垣広徳市長とゲストの対談を放送。7月22日には、東広島医療センター勇木清院長を迎え、「新型コロナウイルス対策、新しい生活に向けて」をテーマにトーク。その一 […]

 

 

 

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

おすすめ

トップへ戻る
c 2020 Higashi-hiroshima digital