東広島での生活をより豊かに、
より楽しくする地域情報サイト

東広島での生活をより豊かに、
より楽しくする地域情報サイト

複数ワードを検索する場合、半角スペースで区切ってください。

輝きいろいろ~東広島のリーダー&ときの人訪問~【今田酒造本店社長兼杜氏 今田美穂さん】

2021.01.16

東広島で活躍するリーダー・ときの人に話を聞く『輝きいろいろ』✨

今回は今田酒造本店(安芸津町)社長兼杜氏の

今田 美穂 さんにインタビューをしました。

 

今田さん1

 

―この仕事に就いたきっかけは

 

大学を卒業後、東京の百貨店などに10年間勤務していましたが、バブル崩壊で帰郷。33歳となり、「一生、打ち込める仕事を」と思っていた矢先、家業を継いで酒造りをやってもいいかな、と思うようになりました。

 

広島杜氏と呼ばれる多くの名杜氏を輩出してきた安芸津町で、蔵が違う杜氏の誰もが、素人の私を「造り仲間」として温かく迎え入れてくれ、酒造りの一歩を踏み出すことができました。

 

 

―どのような思いで酒造りに取り組まれましたか

 

私が日本酒業界に入った1990年代初期はまだまだ女性杜氏が珍しい時代。ただ、私の蔵では、女性蔵人は普通に働いていました。だから、女性だから、という特別な意識はなかったですね。

 

今田さん2

 

とにかく、先輩の杜氏さんが造ったお酒に衝撃を受けていました。「なぜ、こんなにキラキラした味になるのだろう」と。先輩杜氏さんに一歩でも近づきたい思いで、酒造りに向き合ってきました。今でも、その思いは変わりません。

 

 

―1990年代初期は日本酒を取り巻く環境も変化していた時代ですね

 

酒販免許が緩和されたり、1級、2級などの級別制が廃止されたり、と酒造りの現場も軌道修正が迫られていました。

 

当時、うちの蔵では、普通酒が半分程度でしたが、それでは他の多くの蔵と差別化を図ることができません。先代社長の父と相談しながら、純米酒など付加価値の高い高級酒を、より増やすことに舵をきっていきました。

 

 

―安芸津町は「吟醸酒の父」と称される三浦仙三郎の生誕地です

 

吟醸酒は、三浦仙三郎が生み出した軟水醸造法が、現在の吟醸酒造りの礎になりました。

今田酒造が醸す「富久長」の吟醸酒は、三浦仙三郎が座右の銘としていた「百試千改」の情熱を、そのまま伝統として引き継いでいます。

 

シーフード

 

 

百試千改の情熱は、カキなど瀬戸内の海の幸に合うレモンのような酸味の「海風土(シーフード)」や、サタケの最新の精米機技術を使った「HENPEI」「GENKEI」新しい日本酒の開発に結び付いています。

 

 

―20年前からは海外へも販路を広げてきました

 

海外旅行が好きだった父が、海外で見聞したことがきっかけになりました。当時の外国人には、日本酒といえば「ホット サキ」、つまりアツアツで飲む安いお酒程度の認識しかなく、「香り豊かな吟醸酒の文化を世界に発信したい」と、海外に輸出するようになりました。

 

毎年、少しずつ販路を開拓し、現在では出荷量の2割を、欧米を中心に20カ国に輸出しています。

 

 

―今、力を入れていることは

 

温暖な気候風土が特徴の瀬戸内海沿岸地域は、新鮮な食材が手に入りやすい環境にあります。素材の味わいを邪魔しない、広島らしいお酒を造っていくという思いは今後も変わりません。

 

ふくちょう

 

そこをベースにしながら、試行錯誤を重ねています。一方で精米歩合にこだわらないお酒を考えていきたい、と思っています。

 

 

―昨年は英BBC放送が発表した「今年の100人の女性」に選ばれました

 

まさか私がという感覚でした(笑)。私が出演したドキュメンタリー映画「カンパイ!日本酒に恋した女たち」(19年公開)が、選出に影響を与えたのかもしれません。

 

映画では、日本酒の世界で活躍する3人の女性のリベラルな姿が描かれています。欧州の人がイメージしていた、伝統が醸す重苦しい酒造りの世界ではなかったことが新鮮に映ったのでしょう。

 

 

―5年前からは4代目社長として経営も担っています

 

今田酒造

 

うちは8人で切り盛りしている家業のレベル。全員が酒造りだけではなく、合間を縫っていろいろな仕事をしないと回りません。だから私自身も二束のわらじというような感覚はありません(笑)。

 

社員の半数は女性で、英国出身の男性蔵人もいます。 性別や国籍、年齢に関係なく、皆が協力し合える職場づくりを大切にしています。子育てを終えた女性がキャリアに復帰できるような会社にしていきたいと思っています。

 

 

―東広島市へはどんな思いを

 

瀬戸内海を臨む安芸津町は古くから酒造りが盛んに行われました。杜氏の里として、西条をはじめ全国の酒蔵に、多くの杜氏や蔵人を送り出してきました。

 

私自身、同級生の両親には酒造関係者が多く、子どものときから酒造りが当たり前の環境で育ちました。だから安芸津町への思い入れは強く、安芸津町から、もっともっと日本酒の魅力を発信していきたい ですね。私の夢ですね。

 

今田さん写真3

 

(取材:日川 剛伸)

PROFILE

いまだ みほ 1961年生まれ。明治大卒。百貨店勤務などを経て、94年安芸津町に帰郷。家業を継ぐ。
2016年、4代目社長に就任。20年、英BBC放送の「今年の100人の女性」に選出された。

株式会社今田酒造本店のHPはこちらlink-out.png

 

\東広島観光ガイドで今田酒造本店をチェック/

 


 

🔍最新の東広島ニュース

【6/17号 東広島新店リポート】雑貨店、パン屋、コワーキングスペースなど話題のお店がオープン!

東広島に続々オープン!気になる新店舗     新店舗が続々オープンする元気なまち・東広島。最近、開店して話題になっている店舗の一部をリポートします!       🎁【MI […]
元気すこやか健診1

【WEBでFM東広島】受診券が届いた皆さん忘れずに健診を受けましょう!

2021年6月16日FM東広島で放送した 広報番組「東広島日和」です。今日は「元気すこやか健診がはじまります」についてです。 広報番組「東広島日和」/東広島市提供放送時間:17時54分パーソナリティー/上利悠貴 &nbs […]
みんぷらオオヨシキリ0617

東広島で撮影 初夏を告げるオオヨシキリ飛来【東広島フォトリポート】

      初夏の訪れを告げるオオヨシキリ(大葦切)が飛来。   「ギョギョシ、ギョギョシ」と高らかにさえずることから「行々子」と言われています。   個人的には、カエル […]

【お助け一品】まちで見つけたおいしい総菜 「フレスタ西条店」の『あじフライタルタル海苔弁当』

東広島デジタル編集部です。 まちで見つけたおいしい総菜「お助け一品」。 今回のグルメ情報は、西条中央の「フレスタ西条店」 から紹介します!   今回紹介するのは 「あじフライタルタル海苔弁当🍱」 398円(税込 […]
東広島デジタル-コロナ

【速報】新型コロナウイルス 東広島市で1人の感染を確認(6月15日発表)

令和3年6月15日17時15分現在、東広島市で511例目となる新型コロナウイルス感染者が確認されました。   広島県が患者の行動歴や濃厚接触者を把握するための調査中をしています。 本市で確認された事例については […]

規格外の農・海産物を商品化 さきしま 開発支援事業を開始

開発を支援した商品を手にする近成社長(撮影・山北)  食品製造事業者のさきしま(東広島市西条中央、近成一志社長)は今年から、市場に出荷できない規格外の農産物や海産物の商品化をサポートする「アップサイクル相談所」サービスを […]
元気すこやか健診

【WEBでFM東広島】元気すこやか健診の受診券を発行しました

2021年6 月16 日にFM東広島で朝放送した広報番組「東広島日和」です。毎週水曜日の朝は、名物キャラ「お母ちゃん」が気になる東広島の話題を紹介しています。今日は「元気すこやか健診 」についてです。 広報番組「東広島日 […]
孤狼の血_ポスタービジュアルサムネ用

【孤狼の血 LEVEL2】2種のポスタービジュアルが解禁!更に豪華前売特典も明らかに!

東広島デジタル編集部です。 「孤狼の血 LEVEL2」に関する最新情報が届いたので紹介します!   これまでにも情報をお届けしてきた「孤狼の血 LEVEL2」。 今回、2種のポスタービジュアルが解禁!更に豪華前 […]
こどもエコ探検隊

【WEBでFM東広島】こどもエコ探検隊に参加しませんか?

2021年6月15日FM東広島で放送した 広報番組「東広島日和」です。今日は「忘れな草」「ひがしひろしまこどもエコ探検隊募集」「麻しん風しん予防接種」についてです。 広報番組「東広島日和」/東広島市提供放送時間:17時5 […]
みんぷらおいしそうだけど0617

東広島で撮影 おいしそうだけど・・・【東広島フォトリポート】

      梅雨の中休みに公園を散歩していると、テングタケが出現していました。   多くは直径15㌢ほどの雨傘を差したかのように傘を広げていましたが、その下には幼菌が隠れるように顔 […]

 

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

おすすめ

トップへ戻る
c 2020 Higashi-hiroshima digital