東広島での生活をより豊かに、
より楽しくする地域情報サイト

東広島での生活をより豊かに、
より楽しくする地域情報サイト

複数ワードを検索する場合、半角スペースで区切ってください。

野崎賢治の思い出エッセー:vol.05「周りにあるものが全てパワーの源」|あの日あの時あの言葉

2021.01.25



元ニュースキャスター野崎賢治さんによる思い出エッセー。
あの日あの時感じたあの言葉、そして心に残る言葉を紹介するコラムです。

野崎賢治さん プロフィール

 

vol.05 :「周りにあるものが全てパワーの源」

 

2005年12月20日の私のエッセー。


バルセロナで銀、アトランタで銅とオリンピック女子マラソン2大会続けてメダルを獲得する快挙を成し遂げた有森裕子選手。

 

精神的にも肉体的にもどうしてそれだけのパワーがあるのか好奇心にかられ、先日お聞きしました。

 

有森選手は、「『パワーをください』と握手を求めてくる人もいれば、顔を見ただけで泣き出す人もいますが、私には、そんなパワーなんてありません。パワーを持とうと思う気持ちが大事で、思うことがパワーを持っていることにつながる」ときっぱり。

 

次の言葉を付け加えてくださいました。

 

「何でもいい、美しい花が道に咲いていたらその美しい花をパワーにすればいい。周りにあるものが、全てパワーの源、そう思うことが大切」

 

自分の気持ちの持ち方がいかに大事かということなのです。とても分かりやすい例を出してくださいました。

 

有森選手が、マッサージを受けるためにある人のところを訪ねたときの話。玄関に、とてもかわいい赤いシューズが置いてありました。部屋に入っていくと、おばあさんが一人。

 

あまりにもかわいいシューズだったので尋ねたそうです。そうするとおばあさんはすぐに、「かわいいでしょう」と言われたそうです。その声を聞いて、有森さんはとても元気になったといいます。

 

そのおばあさんは、意識してちゃんとおしゃれをして、それを自然に言葉に出すことができる。自分もこんなお年寄りになりたいと、その時、心から思ったそうです。

 

そして、そう思わせてくれた元気なお年寄りに今、こうして巡り会えたこと。それがうれしくてとても元気になり、パワーが出てきたといいます。

 

パワーの源は皆に平等にあるものなのです。意識して、自分なりにいかに積極的に取り入れて生きていくことができるか。精力的に生きていくための秘訣が、そこにあるのではないかと思いました。


PROFILE
のざき・けんじ
 昭和53年、広島ホームテレビに入社。カープ中継などスポーツ実況をする傍ら、「ステーションEYE」など夕方のニュースキャスターを約10年担当。その後、ニュースデスク。制作部番組プロデューサー時代には、風見しんごを土曜日朝に起用した「ひょっこり評判テレビ」を制作。2000年4月にスタートした夕方情報番組「げっきんLIVE」で久々の現場復帰、メインキャスターを務める。その後、管理職として報道局長、編成局長、総務局専任局長を歴任。


📻FM東広島(89・7MHz)で毎週月曜日午後8時~、同名番組を放送中。
 放送はサイマルラジオでも聞くことができます。


 

 

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

おすすめ

トップへ戻る
c 2020 Higashi-hiroshima digital