東広島での生活をより豊かに、
より楽しくする地域情報サイト

東広島での生活をより豊かに、
より楽しくする地域情報サイト

複数ワードを検索する場合、半角スペースで区切ってください。

【東広島市】デジタルやSDGs推進 一般会計889億円の積極編成

2021.02.16

 東広島市は2月8日、2021年度当初予算案を発表した。一般会計は889億2000万円と前年度当初と比べ2・2%減。災害復旧事業費を除くと過去最大規模となった。 新規事業は107件。国連の提唱するSDGs(持続可能な開発目標)の理念に沿った取り組みと、デジタル化の推進を、予算の重点項目に据えている。

 歳出では、18年の西日本豪雨の災害復旧を優先したため、前年度まで抑えていた、道路や学校整備などの普通建設事業費に前年度比で25・0%増の115億4602万円を計上。うち、河内町と志和町の小中一貫校の建設費など小中学校の施設整備に25億4978万円、西条中央巡回線や吉行泉線など都市計画道路の整備に12億539万円を、それぞれ組んだ。

 SDGs関連には、93億4379万円を計上。公共交通ネットワークの強化や、イノベーション環境の充実を図る。デジタル化に関連する事業には6億6580万円を組んだ。農業・産業分野のデジタル化の推進や、ICT(情報通信技術)を活用した教育、図書館サービスの充実など幅広い分野に積極投資する。
新規事業の一部

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

おすすめ

トップへ戻る
© 2020 Higashi-hiroshima digital