東広島での生活をより豊かに、
より楽しくする地域情報サイト

東広島での生活をより豊かに、
より楽しくする地域情報サイト

複数ワードを検索する場合、半角スペースで区切ってください。

東広島で撮影 絶滅危惧種「森の宝石」ブッポウソウが子育て中 巣立ち間近の給餌シーン【東広島フォトリポート】

2021.07.20

 

みんぷらブッポウソウ給餌0805

ゲッ、ゲッ、ゲゲゲッとカエルのような鳴き声と共に、青緑色の色鮮やかな羽根の夏の渡り鳥、ブッポウソウが今年も子育て中です。

 

絶滅危惧種ⅠBに分類されています。

 

ブッポウソウは昆虫食。

 

ひなが小さいときは親が巣箱の中に入り給餌しますが、巣立ち前になるとひなたちは親の持ち帰る餌を今か今かと、身を乗り出して待ち、給餌のシーンを撮影できます。

 

撮影ルールを守り、車中から超望遠(1500㍉㍍)で撮影。

 

「森の宝石」と呼ばれるこの美しい姿がいつまでも楽しめるよう、暖かく見守っていくことが大切です。

 

撮影日:7月16日

 

撮影場所:東広島市豊栄町

 

撮影:井川良成

 

 

 

 

 

 

当ページの画像の無断転載・無断使用を固く禁じます。

 

 

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

おすすめ

トップへ戻る
© 2020 Higashi-hiroshima digital