東広島での生活をより豊かに、
より楽しくする地域情報サイト

東広島での生活をより豊かに、
より楽しくする地域情報サイト

複数ワードを検索する場合、半角スペースで区切ってください。

東広島で撮影 スズメバチに刺されないために【東広島フォトリポート】

2021.07.31

スズメバチ

スズメバチは、刺されると死に至ることもある危険な蜂です。

 

小屋のドアの上部に巣を発見。

 

すでに直径20cmほどのボール状、色は茶色っぽく独特のしま模様(マーブル模様)で、すぐにスズメバチの巣と分かりました。

 

この時期から秋口にかけて活動が活発になり、注意が必要です。

 

彼らはむやみに人を襲うのではなく、刺激した際に防御のために刺すのです。

 

見つけたら即駆除なのか、その巣が人にとって危険な場所なのか、場面に応じた適切な対応が望まれます。

 

 

撮影日:7月19日

 

撮影場所:東広島市八本松町原

 

撮影:井川良成

 

 

 

 

当ページの画像の無断転載・無断使用を固く禁じます。

 

 

 

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

おすすめ

トップへ戻る
© 2020 Higashi-hiroshima digital