東広島での生活をより豊かに、
より楽しくする地域情報サイト

東広島での生活をより豊かに、
より楽しくする地域情報サイト

複数ワードを検索する場合、半角スペースで区切ってください。

被災者への思い込めたこいのぼり泳ぐ

2011.04.26

 

 東日本大震災の被災者を励ますメッセージが込められたこいのぼりは4月25日、東広島市内の公立の幼稚園、小・中学校すべてで空を泳いだ。

 同市高屋町小谷の市立小谷小学校(福田勝則校長、234人)は各クラスでビニール袋のこいのぼりを制作。折り紙に「早く元の生活に戻れるよう願っています」「ファイト日本」などの思いを書き込み、うろこのようにこいの体に張り付けた。

 6年生の木原慶士君は「避難をして友だちと会えないのはさみしいだろう。募金などでちょっとでも助けになりたい」、日浦優希さんは「被災者のみなさんが笑顔になるまで応援していたい」と話していた。

 掲揚するなどして応援の気持ちを送ろうと、市教育委員会が呼び掛けた。こいのぼりは5月2日まで掲げ、ホームページなどで取り組みを発信することにしてる。(橋本)

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

おすすめ

トップへ戻る
© 2020 Higashi-hiroshima digital