東広島での生活をより豊かに、
より楽しくする地域情報サイト

東広島での生活をより豊かに、
より楽しくする地域情報サイト

複数ワードを検索する場合、半角スペースで区切ってください。

住宅用火災警報器の設置義務化まであとわずか

2011.05.26

 

 東広島市消防局は5月18日、義務化となる住宅用火災警報器の設置を促す広報活動を始めた。住警器のイラストが描かれた黄色いマグネットを張った消防車で「早めの設置を」と呼びかけながら巡回。各分署は各地域を回っている。

 住警器は6月1日から設置が義務付けられている。寝室すべてと、寝室が2階にある場合は階段の踊り場に取り付ける。

 広島県の設置率は昨年12月現在52.3%。全国では30位の低さ。さらに、東広島市消防局管内は今年3月末現在43%と県の設置率を下回っている。

 巡回を始める前に大武守副署長は隊員に「自分の命と財産を守るための警報器。いつどこで起こるか分からない火災に備える重要性を伝えよう」と訓示。

 住警器はホームセンターや家電量販店などで買うことができる。巡回は5月31日まで実施。(橋本)

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

おすすめ

トップへ戻る
© 2020 Higashi-hiroshima digital