東広島での生活をより豊かに、
より楽しくする地域情報サイト

東広島での生活をより豊かに、
より楽しくする地域情報サイト

複数ワードを検索する場合、半角スペースで区切ってください。

高屋東小1年が梅の実もぎ 100㎏収穫、梅干しに

2011.06.29

 

 東広島市立高屋東小学校(林健一郎校長)1年生が恒例の梅の実もぎを行った。15本余りの梅の木は30年以上にわたって花や実は地域の人と小学生を楽しませている。収穫した梅の実は100㎏。梅干しにするために一つひとつつまようじでへたを取った。

 地域住民13人と1年生37人は午前9時から作業を始めた。児童は地域の人が支える脚立に登ったり、枝を下に向けて手の届く位置にしてもらったりして、枝から梅をもいだ。

 「見て、たくさん取ったよ」と実のぎっしり詰まった袋を、目を輝かせながら見せる児童の姿に、地域の人も笑顔。岡部真生さん(6)は「はしごに登って取るのが楽しかった。地域の人に手伝ってもらえてよかった」と満足そうな表情を見せた。大多和孝さん(78)は「先輩の後を引き継いで、毎年子どもたちと梅もぎや梅干し漬けができるのはいいこと。みんないきいきしている」とこの時季を楽しみにしている。

 梅は塩漬け、7月の本漬けと続き、12月には「おむすびパーティー」で梅干し入りおむすびを用意し、地域の人を招待する。梅干しは給食でも出される。(森)

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

おすすめ

トップへ戻る
© 2020 Higashi-hiroshima digital