東広島での生活をより豊かに、
より楽しくする地域情報サイト

東広島での生活をより豊かに、
より楽しくする地域情報サイト

複数ワードを検索する場合、半角スペースで区切ってください。

今頑張れないヤツは一生頑張れない 特別インタビュー元特攻隊長、現在塾長吉野敬介さん

2012.01.20

 

1月9日の東広島市成人を祝う会講演のため、来広した吉野敬介さん。東京で塾を開いており、元暴走族の特攻隊長という経歴を持つ。リーゼントに奇抜なネクタイ、びしっと決まったストライプ柄のスーツ姿で新成人に熱いエールを送った。なぜ、元特攻隊長が塾講師に。特別にインタビュー。(聞き手・池田佳子/文・橋本礼子)
「中学時代、ブルースリーにあこがれ、空手で精神を鍛えようと中学のそばの道場に行ったら名だたる不良がいて。抜けられず。楽しかった」と笑う。このまま特攻隊長まで上り詰め、警察の世話になることもあった。
 転機は20歳のとき。「同棲もした彼女に振られたとき、彼女の新しい彼氏は大学生だった。だったらおれも大学生になってやろう」と大学受験を決意。それから塾に通い、勉強に打ち込んだ。受験の直前は1日20時間も勉強するほど。「勉強は嫌い。だけど、一度決めたから、ここで頑張らないとおれは一生頑張れないんじゃないか」と踏ん張った結果、見事合格。「今でもつらいことがあっても受験を乗り越えたから頑張れる」。

 個別塾を開く一方、東進ハイスクールの古文の講師を務める。「個別塾の志望校合格率は100%。指導は厳しいですよ」ときっぱり。吉野さんたちスタッフは「勉強させる」というより、やる気を起こさせたり、1時間かかるものを10分でできるよう効率を上げたりしているという。
 大切にしているのは社会に通用する学び。「受験勉強自体はくだらない。数学ができたって社会では使わない。難関校に一浪して入っても意味があるとは思わない」とばっさり言い切る反面、「一生懸命やったっていうことが第一」と熱く繰り返す。
 ユニークな経歴を持つからこそ説得力のある言葉。「今頑張れないヤツは一生頑張れない。年齢に関係なく」。

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

おすすめ

トップへ戻る
© 2020 Higashi-hiroshima digital