東広島での生活をより豊かに、
より楽しくする地域情報サイト

東広島での生活をより豊かに、
より楽しくする地域情報サイト

複数ワードを検索する場合、半角スペースで区切ってください。

チームワーク生かしタスキつなぐ  ポラーノ陸上教室が市長を表敬訪問

2012.03.28

 

 3月17、18日に大阪で開かれる「日清食品カップ第14回全国小学生クロスカントリーリレー研修大会」に出場するポラーノ陸上教室(池中理治監督)のメンバーは3月13日、東広島市役所を訪れ、蔵田義雄市長を表敬訪問。
 蔵田市長は「素晴らしい思い出を作るチャンス。悔いが残らないように精一杯大会を楽しんできてほしい」と選手たちに激励の言葉を贈った。
 同教室のメンバーはすべて6年生。第1区の造賀麻里恵さん(原小)を筆頭に第2区・松浦亮君(川上小)、第3区・梶川沙矢加キャプテン(板城小)、第4区・梅原拓己君(乃美尾小)、第5区・森永彩理さん(三城小)、第6区・河名真偉斗君(板城西小)とタスキをつなぐ。選手たちは「大きな大会なので緊張するが、自慢のチームワークを生かして次のランナーにつなげる」とプレッシャーを感じながらも、生き生きとした表情。
 池中監督は「試合は自分の最大限の力を試す場所。プレッシャーを感じず練習の成果を出し切ってもらいたい」と話していた。(國藤)

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

おすすめ

トップへ戻る
© 2020 Higashi-hiroshima digital