東広島での生活をより豊かに、
より楽しくする地域情報サイト

東広島での生活をより豊かに、
より楽しくする地域情報サイト

複数ワードを検索する場合、半角スペースで区切ってください。

デートDV学び人権について理解深める 広島国際大

2014.01.23

 

 交際中の相手からの暴力「デートDV」を通して人権について理解を深めようと、東広島市黒瀬学園台の広島国際大学医療福祉学部は1月16日、外部講師を招いた人権教育講演会を開いた。授業の一環として行い、学生、東広島市と広島県の人権委員ら約100人が参加した=写真。
 講師は広島人権擁護委員協議会所属の人権擁護委員・土井敏正さん。若者のデート中に起きたDVの三つのケースをDVDで紹介し、精神的・身体的・経済的・性的な暴力があることを説明。
 医療福祉学部には福祉職に就くことを目指す学生が多いことから、同学部の塩谷久子教授は「学生にはあらゆる立場の人々の人権を深く理解し、行動する必要がある。人権について理解を深めるきっかけとなった」と話していた。(橋本)

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

おすすめ

トップへ戻る
c 2020 Higashi-hiroshima digital