東広島での生活をより豊かに、
より楽しくする地域情報サイト

東広島での生活をより豊かに、
より楽しくする地域情報サイト

複数ワードを検索する場合、半角スペースで区切ってください。

酒かすアイスを味わって 学生アイデアで商品誕生

2016.08.10

 

 東広島市鏡山の広島大学(越智光夫学長)は8月2日から大学構内2カ所で、生物生産学部の学生が主体となって作った酒かすアイス「オリゼさんのアイ酒」=写真=の販売を開始した。
 三次市布野町の地酒の酒かすを使用した「布野の酒」と、同市作木町の地酒の酒かすを使用した「わかたの酒」の2種類。「布野の酒」はフルーティーな甘さが、「わかたの酒」は力強い酒の香りが特徴。どちらもアルコールは1%以下で、各300円(税込み)。
 昨年7月、1年生対象の科目「教養ゼミ」で、三次市の道の駅ゆめランド布野に実習に行ったことがきっかけで、学生のアイデアから生まれた商品。開発には、教養ゼミに参加していた生物生産学部の学生に、同大の大学院生らが加わった。 三次市と、道の駅ゆめランド布野の協力も仰ぎ、1年をかけて商品化。今年7月にゆめランド布野で販売を開始し、8月からは大学構内の北1と北2のコープショップで販売を始めた。
         (小林)

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

おすすめ

トップへ戻る
c 2020 Higashi-hiroshima digital