東広島での生活をより豊かに、
より楽しくする地域情報サイト

東広島での生活をより豊かに、
より楽しくする地域情報サイト

複数ワードを検索する場合、半角スペースで区切ってください。

広響が移動音楽教室

0216.09.06

 

 東広島市西条中央の市立西条小(中嶋崇弘校長)の全児童1067人が9月1日、芸術文化ホールくららで広島交響楽団60人の演奏を鑑賞した。子どもたちは初めて聴くプロのオーケストラ演奏に全身を揺らし、大きな拍手を送った。
 関谷弘志さん指揮のもと、ヨハン・シュトラウスの「ラデツキー行進曲」や、「ビリーブ」など8曲を演奏。締めくくりは「それ行けカープ」で、子どもたちは、オーケストラ演奏に合わせ、手拍子や足拍子をしながら元気いっぱい歌い、会場は一体感に包まれた。オーケストラで使われる弦楽器や管楽器、打楽器の紹介もあった。
 6年の小早川裕紀君(11)と時永彩香さん(12)が指揮者を体験。時永さんは「緊張したけれど、いい経験ができてよかった」と笑顔だった。
 広響は年140回の演奏会のうち約30回は「音楽の芽プロジェクト」として、小中高生向けに移動音楽教室を開いている。関谷さんは「簡単に音楽が手に入る時代だからこそ、生の演奏と触れ合ってほしい」と話していた。    (新海)

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

おすすめ

トップへ戻る
c 2020 Higashi-hiroshima digital