東広島での生活をより豊かに、
より楽しくする地域情報サイト

東広島での生活をより豊かに、
より楽しくする地域情報サイト

複数ワードを検索する場合、半角スペースで区切ってください。

「最高のサウンドを響かせたい」

2016.10.19

 

 東広島市立中央中の吹奏楽部が10月30日、東京の文京シビックホールで開かれる第21回日本管楽合奏コンテスト全国大会の中学校B部門に2年連続で出場する。
 予選の音源審査を通過した約30校が出場。いずれも3年生で副部長の今中遥菜さんは「去年は優秀賞だった。ことしは最優秀賞を取りたい」、大場美彩さんは「最高のサウンドをホールに響かせたい」と意気込んでいる。
 同部はことし8月、第57回広島県吹奏楽コンクールで金賞を受賞し、初となる第64回全日本吹奏楽コンクール中国大会進出を決めた。中国大会では銀賞で全国大会出場を逃したが、県大会での演奏を録音し、管楽合奏コンテストに応募。評価を得て、全国大会出場の切符をつかんだ。
 部長の平井俊一朗さんは「中国大会に出場したいという、みんなの気持ちがそろい、最大限の力が発揮された演奏だった」と全国出場のきっかけとなった演奏を振り返っていた。       (小林)

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

おすすめ

トップへ戻る
c 2020 Higashi-hiroshima digital