東広島での生活をより豊かに、
より楽しくする地域情報サイト

東広島での生活をより豊かに、
より楽しくする地域情報サイト

複数ワードを検索する場合、半角スペースで区切ってください。

広島の神楽の魅力を発信 ドラマ「舞え!KAGURA姫」

2016.11.16

会見する(左から)大久保幸治さん、葵わかなさん、中村ゆりかさん、押田友太さん

 

 NHK広島放送局が制作した広島県北部に伝わる神楽をテーマにした青春エンターテインメント・ドラマ「舞え!KAGURA姫」の完成試写会と会見が11月4日、NHK広島放送局で行われた。
 ドラマには広島県安芸高田市の田園、民家、神楽ドームなどが収録され、エキストラとして参加した約800人の地域の人たちも一緒になって作り上げた。
 主演の葵わかなさんは「神楽が若い世代に広まれば、と思って演じた。神楽は歩き方や膝の曲げ方など所作が難しかったが、奥が深いので楽しかった」と笑顔。
 共演の中村ゆりかさんは、広島弁について「初めての広島弁。いただいた広島弁のCDを何度も聞いて何度も声に出して練習をした」と振り返った。NHK広島放送局制作統括の大久保幸治さんは「神楽は、とても地域の方々に愛されている。カープと同じように愛されているものは、若者たちに伝播する力がある。ドラマを通して広島の神楽に興味を持つ人が増え、広島の新しい魅力を発信するドラマになってほしい」と話していた。
 11月30日22時からBSプレミアムで放送予定。            (石田)

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

おすすめ

トップへ戻る
c 2020 Higashi-hiroshima digital