東広島での生活をより豊かに、
より楽しくする地域情報サイト

東広島での生活をより豊かに、
より楽しくする地域情報サイト

複数ワードを検索する場合、半角スペースで区切ってください。

国民が望む民意の政治を 衆議院議員として約30年活躍

2017.01.11

 1976年に旧広島2区から初当選。その後、広島4区や比例中国ブロックなどで当選を重ね、約30年間「国民が望む民意の政治を」という思いを胸に、衆議院議員として活動してきた。
 議員時代で最も印象に残っているのは「経済財政運営と構造改革に関する基本方針2006」(骨太方針2006)の策定だという中川さん。デフレ脱却のため、10兆円以上の予算を削減する制度改革に取り組んだ。「国民の負担になる増税は最後だと考え、身を切る改革をした」と振り返る。
 昨秋、旭日大綬章を受章。中川さんは「身に余る栄誉。長年支えてくれた地元と全国の支援者の皆さまのおかげです」と話す。2012年に衆議院議員を引退。以降は二男の中川俊直さんが後継候補として地盤を継ぎ、衆議院議員として活躍している。
 現在は、小泉純一郎元総理らと共に、原発廃止に向けた活動に取り組んでいる。「原子力発電を廃止し、自然エネルギーの導入に向かっていくことで国力を向上させられれば」と意気込んでいた。

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

おすすめ

トップへ戻る
c 2020 Higashi-hiroshima digital