東広島での生活をより豊かに、
より楽しくする地域情報サイト

東広島での生活をより豊かに、
より楽しくする地域情報サイト

複数ワードを検索する場合、半角スペースで区切ってください。

「酉」あしらった造形アート

2017.02.09

制作したオブジェは元旦祭で披露された

 

 ことしの干支「酉」をあしらった造形アートに60歳以上のシルバークリエイター6人が挑戦。石丸勝三さん(73)らで、八本松町を盛り上げたいと「巳」年から始め、昨年末、5体目となる作品を完成させた。作品は八本松町篠にある岩蔵神社に1年間展示。
 造形アートは同神社の裏山にある木材や葉などを使い制作。中央に木の台座があり、台座の下には1羽のニワトリのオブジェを、台座の上には2羽のニワトリとひよこのオブジェを配置。1月1日に同神社で行われた元旦祭では、参道から本殿まで200本の竹筒キャンドルが灯され、造形アートも幻想的な竹筒の光に包まれていた。
 造形リーダーの石丸さんは「藍染め仲間の遊びの延長で、やってみようか、と気軽に始めたことだったが、地域の神社の集客に貢献しているようでうれしい。シルバー世代にできる地域との関わり方は無数にある。これからもさまざまなアイデアを駆使していきたい」。東広島市八本松町篠神社総代会の畠中民雄会長は、「毎年造形物の使用材料が変わっていて、石丸さんのアイデアには驚かされる。紙・ヒノキ・カヤ・マツときて、今年はスギを使用。現物を見てほしい」と話していた。(奈須)

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

おすすめ

トップへ戻る
c 2020 Higashi-hiroshima digital