東広島での生活をより豊かに、
より楽しくする地域情報サイト

東広島での生活をより豊かに、
より楽しくする地域情報サイト

複数ワードを検索する場合、半角スペースで区切ってください。

箱根駅伝3連覇 青学大の原監督が講演

2017.02.28

青山学院大学陸上競技部の原晋監督

 

 東広島市立高美が丘小学校の創立25周年を記念した教育講演会が2月18日、同小学校体育館で開かれた。講師は箱根駅伝で青山学院大学陸上競技部を3連覇に導いた原晋監督。原さんは、集まった地区の小中学生や保護者らを前に、「箱根駅伝から学ぶチャレンジ精神」と題し講演。「10年後の自分を思い描きながら努力しよう」などと訴えた。
 原さんは、ことしの箱根駅伝でオーダー編成に苦労したことを例に挙げながら、保護者らには「子どもには常にチャンスを与えてあげることが大切。大人が先に結論を出すのは、子どもの成長につながらない」などと呼び掛けた。
 日頃の指導のポイントにしていることとしては、コミュニケーションづくりと陸上界の常識を打破すること、の2点を指摘。コミュニケーションづくりでは、数値化したグループミーティングや食事の際の積極的な会話などを徹底している、と強調した。
 原さんは、三原市出身。中学から陸上を始め世羅高、中京大を経て中国電力入り。中国電力では選手、営業マンとして活躍。2004年、青山学院大陸上競技部監督に就任した。
(日川)

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

おすすめ

トップへ戻る
c 2020 Higashi-hiroshima digital