東広島での生活をより豊かに、
より楽しくする地域情報サイト

東広島での生活をより豊かに、
より楽しくする地域情報サイト

複数ワードを検索する場合、半角スペースで区切ってください。

石臼使いチョコ作り「苦いけど、おいしかった」

2017.04.12

石臼でカカオ豆を粉砕する子ども

 

 東広島市西条町御薗宇のカフェレストラン「n cafe(エヌ カフェ)」は4月1日、チョコレート作りの親子体験教室を開いた。22人の親子が参加。講師は広島大学名誉教授の佐藤清隆教授。佐藤教授らが開発した世界初のチョコレート作り専用石臼「ショコラミル」を使い、カカオ豆を粉砕して作る本格派のチョコレート作りを楽しんだ。
佐藤教授は、「チョコレートの素は苦い。子どもたちが驚いていた。新鮮だったと思う」と話していた。
 参加した西条町御薗宇の坪井知登世さん(37)は「カカオ豆は苦いことを、かみしめてみて初めて知った。子育て仲間ができて良かった」とにっこり。西条小2年の三船友彰君(7)は「ショコラミルは、回し始めが重たかったけど、だんだん軽くなって回しやすくなった。おいしかった」と喜んでいた。
(奈須)

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

おすすめ

トップへ戻る
c 2020 Higashi-hiroshima digital