東広島での生活をより豊かに、
より楽しくする地域情報サイト

東広島での生活をより豊かに、
より楽しくする地域情報サイト

複数ワードを検索する場合、半角スペースで区切ってください。

タマゴケ

2019.03.28

3月16日、東広島市河内町で撮影

 

 コケの仲間で、湿った斜面の岩肌などに群落をつくります。緑色をした球形は蒴と呼ばれる胞子体で、2ミリほど。3cmほどの柄の先に付き、待ち針にそっくり。待ち針を刺した針山がいくつも群生しているように見えます。春の訪れを告げるかわいいコケですが、蒴は夏には褐色になって胞子を出して枯れます。

(フォトリポーター 井川良成)

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

おすすめ

トップへ戻る
© 2020 Higashi-hiroshima digital