東広島での生活をより豊かに、
より楽しくする地域情報サイト

東広島での生活をより豊かに、
より楽しくする地域情報サイト

複数ワードを検索する場合、半角スペースで区切ってください。

「復興に向け全力で」石井国土交通大臣が東広島など被災地を視察

2019.07.06

  昨年7月の西日本豪雨災害からまもなく1年を迎える6月22日、石井啓一国土交通大臣が大きな被害を受けた広島県内の被災地を視察した。
 石井大臣は、土石流によって被災した安芸郡坂町水尻の国道31号線と仮設迂回路として利用されたベイサイドビーチ坂や、橋桁が流出した安佐北区白木町のJR芸備線第1三篠川橋梁など、被災現場6カ所を訪れ復旧状況を確認した。
 東広島市内では、7カ所で道路が崩れた県道33号線や、道路に並行して走るJR山陽本線の線路敷が流出した河内町下河内の現場を視察した。現場では、県西部建設事務所東広島支所の重政英治支所長から、被災当時の状況や復旧工事の工法などについて説明を受けた他、高垣広徳東広島市長から東広島市内の被災箇所の現状について話を聞いた。

続き>>http://www.pressnet.co.jp/article/190704_02.php

写真=東広島市内の被災箇所の現状について、高垣市長(右から4人目)から説明を受ける石井大臣(右から3人目)、右端は新谷正義衆院議員、右から2人目は湯崎英彦県知事

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

おすすめ

トップへ戻る
c 2020 Higashi-hiroshima digital