東広島での生活をより豊かに、
より楽しくする地域情報サイト

東広島での生活をより豊かに、
より楽しくする地域情報サイト

複数ワードを検索する場合、半角スペースで区切ってください。

梅雨空を彩るネムノキの花

2020.07.30

6月29日、東広島市八本松町原で撮影

 

 休耕田のあぜののり面に生えているネムノキ(合歓の木)が満開を迎え、梅雨の晴れ間に心を和ませてくれます。マメ科に属し、高さは10mにもなります。花は美しい淡い紅色に染まり、化粧ブラシのようで透明感があります。水中花火がさく裂したようにも見えます。夜になると左右の葉がくっついて、両手のひらを閉じたように合体し眠ることが名前の由来です。何とも不思議な樹木です。マメ科なので花が終わると秋には10cmものサヤに、豆が入っています。花言葉は「歓喜」「胸のときめき」。

(フォトリポーター 井川良成)

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

おすすめ

トップへ戻る
© 2020 Higashi-hiroshima digital