東広島での生活をより豊かに、
より楽しくする地域情報サイト

東広島での生活をより豊かに、
より楽しくする地域情報サイト

複数ワードを検索する場合、半角スペースで区切ってください。

【特集】6月4日〜10日は「歯と口の健康週間」健康な口でウイルス防ごう

2021.06.04


口の健康は全身の健康に深く関わることが近年の研究で明らかになっています。東広島市歯科医師会の薮本正文会長に、命を守る口腔ケアについて伺いました。

 


 

薮本正文 会長

 

―まず、東広島市歯科医師会ではどのような取り組みをしていますか。

 

 東広島市歯科医師会は、歯科活動を通じて市民の皆さんの健康と福祉を増進するため、妊産婦、乳幼児から未就学児童、小中高等学校、青年・壮年・中年期、高齢者にいたるまで、生涯を支える歯科医療サービスの提供を使命としています。口腔機能を維持することで全身の健康を守り、健康寿命を延ばす一助を担えるように取り組んでいます。

 

 また、高齢者が増える2025年問題を踏まえ、医師会、薬剤師会、介護福祉団体との連携をさらに深め、高齢者の訪問診療・介護問題に対して事業を推進しています。

 

―市民向けの事業は。

 

 東広島市の保健事業として、妊産婦、乳幼児から高齢者までを対象にした健診事業に取り組んでいます。1歳半と3歳児健診時には親子歯科健診、40・50・60歳時には節目歯周疾患検診を実施。地域のイベントへの参加や、高齢者の8020表彰も行っています。

 

 

―口の健康と全身の健康の関係は。

 

 口の健康は、歯周病や糖尿病をはじめ、誤嚥性肺炎、心臓病、認知症、早産、低体重児出産と関係しています。誤嚥性肺炎のリスクが高まると命にかかわるため、在宅やデイケア、高齢者施設での口腔ケアのニーズも高まっています。歯科医師会として「口の機能低下」にも対応できるよう、体制づくりに取り組んでいます。

 

―歯科医院でのコロナ対策は?

 

 血液や唾液に接することが多い歯科医院では、コロナ禍以前から高いレベルの感染症対策を講じています。現在は、換気や3密回避を徹底し、医院内で感染拡大が起きないよう、どの医院も細心の注意を払っています。


 コロナへの感染を心配して歯周病治療やメンテナンスを中断する方もいらっしゃいます。歯科治療や口腔ケアを継続し健康を維持することは、ウイルス感染リスクの軽減につながりますので、できるかぎり治療の継続をお願いします。今だからこそ、かかりつけの歯科医へご相談ください。

 

お話を伺ったのは
今年度から東広島市歯科医師会の会長を務める薮本正文さん。東広島市西条町田口の第二薮本歯科医院院長

 


 

ウイルスと口の健康の関係性

 

ウイルスの体内への主な侵入経路は「口腔」で、喉→気道→肺へと侵入し発症します。健康な口腔内には口腔粘膜の感染に対する抵抗性があります。

 

つまり、新型コロナウイルスに対抗する最も有効な予防対策は、口腔内を良好に保ち、口から侵入するウイルスを、粘膜を経て体内に侵入させないことです。マスク、手洗いの徹底はもちろん、徹底した口腔ケアでウイルスを防御することが重要です。

 

インフルエンザ感染対策において、口腔ケアが感染リスクを下げることが報告されています。口腔内にはインフルエンザウイルスを活性化させる歯周病原細菌が存在し、インフルエンザ肺炎の要因となります。口腔ケアは口腔細菌を減少させ、感染を予防し、重症化リスクを低下させます。

 

ウイルスから命を守るためには、徹底した口腔ケアが有効です。

 


歯のご相談は「東広島市歯科医師会」へ

 

※画像クリックでホームページへ

 


 

東広島市歯科医師会の取り組み

 

▼「休日診療のご案内」

 東広島市歯科医師会では休日における急病対策として東広島地区医師会、東広島薬剤師会と協力し、「東広島市休日診療所」を開設しています。

■ 診療科目 ☆歯科 ☆内科 ☆小児科
■ 診療日 日曜・祝日および年末年始
     (12月30日〜1月3日)
■ 診療時間
 歯科 9:00〜13:00
 GW・年末年始は9:00~16:00
 (休憩 12:00〜13:00)
※健康保険証などを忘れずに持参を


問い合わせ/東広島市休日診療所

TEL.082(422)5400
東広島市西条町土与丸1113 東広島保健医療センター内1階

 


 

▼「妊婦歯科検診」を受けましょう

 東広島市と東広島市歯科医師会の連携により、平成19年4月から無料で受けられる妊婦歯科検診を始めました。妊娠期間中は、虫歯や歯周病になりやすくなります。安定期に入ったら生まれてくるお子さんのためにも、妊婦歯科検診を受けましょう。

対象 東広島市に住民登録をされている妊婦の方

■ 実施方法 母子健康手帳と合わせて無料歯科健康診査受診票を交付
■ 実施場所 東広島市歯科医師会の妊婦歯科検診協力歯科医院で受診できます
 (非会員の歯科医院では受診できません)

※現在検診を行っていない医院もございますので、受診前に電話等でご確認下さい。


問い合わせ/東広島市役所こども家庭課母子保健係

TEL.082(420)0407(平日8:30〜17:15)
東広島市西条栄町8番29号
・黒瀬支所福祉保健課 0823-82-0220
・河内支所地域振興課 082-437-1109
・豊栄支所地域振興課 082-432-2563
・安芸津支所福祉保健課 0846-45-2065

 


 

▼歯科にも往診があるってご存知ですか?

 ご病気や寝たきりなどで、歯科医院に通院する事が難しい方も、往診で治療を受ける事ができます。治療だけでなく、定期的に歯科医院や歯科衛生士による「訪問口腔ケア」も行っています。お口から食事をとり、お口をきれいに保つ事は、全身の健康の源です。まずはかかりつけの歯科医師か、東広島市歯科医師会在宅歯科医療連携室までお気軽にご相談ください。

 

問い合わせ/在宅歯科医療連携室

TEL.082(423)0160(平日10:00〜16:00)
東広島市西条町土与丸1113 東広島保健医療センター内3階

 


東広島市内の歯科を紹介

 

 東広島市内の歯科医院・クリニックの一部を紹介。診療科目や時間、休診日などチェックしてみては。(順不同)

 

 

\東広島新型コロナ関連ニュース/

 

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

おすすめ

トップへ戻る
© 2020 Higashi-hiroshima digital