東広島での生活をより豊かに、
より楽しくする地域情報サイト

東広島での生活をより豊かに、
より楽しくする地域情報サイト

複数ワードを検索する場合、半角スペースで区切ってください。

【新型コロナ】東広島市で医療従事者対象にワクチン接種スタート

2021.03.02

 

 

医療従事者を対象にした新型コロナワクチンの接種が始まった。東広島市内では現在、先行接種として東広島医療センターの医療従事者を対象とした接種が行われており、順次、市内の医療機関の関係者に拡大する見通し。

 

国は今後、高齢者、基礎疾患のある人の順に、接種を進めていく計画ではあるが、開始時期などの状況は日々変わっている。

 

現時点での疑問を東広島市の接種対策班に聞いた。

(特別取材班)

 

関連記事東広島市民が知っておきたい新型コロナ関連ニュース

関連記事東広島市 新型コロナ感染状況

 

■ ワクチン接種の概要 ■

  • 接種の対象者 16歳以上
  • 費用 無料(国が負担)
  • 東広島市内の接種会場

各医療機関による個別接種と、市が会場を設ける集団接種を想定。接種が可能な医療機関などについては、現在調整中。

 

Q1. 高齢者はいつから?

 

医療従事者の後に高齢者の接種が始まると聞きましたが、いつから開始になるのでしょうか。

 

国は、4月5日の週に高齢者向けのワクチンを自治体に発送する予定です。本市でも、これ以降に準備が整い次第実施しますが、確保数が不透明なことから、現時点では正確な日程は未定です。本市における接種日程が決まりましたら、随時お知らせいたします。

 

 

Q2. 1回当たりの時間は?

 

1回の接種でどのくらいの時間がかかりますか。

 

会場によって異なりますが、接種後の経過観察も含め、おおむね40~60分程度と想定しています。

 

 

Q3. 基礎疾患があるけど…

 

私は高齢者ではありませんが、基礎疾患があるため、できるだけ早く接種したいです。どのようにすれば早く接種できるでしょうか。

 

(高齢者以外の)基礎疾患のある方は、高齢者の後に接種していただくことになっています。現時点では、高齢者の後に、その他の方に接種券(クーポン券)を一斉発送することとしておりますので、基礎疾患のある方は、接種券が届いたタイミングで、各自の申し出により予約をしていただくことになります。

 

 

Q4. 接種は強制?

 

接種は強制でしょうか。また、妊婦の場合はどのようにすればいいでしょうか。

 

予防接種法により努力義務となっていますが、強制ではありません。また、接種しないことによる罰則等はありません。なお、妊婦については接種可能ですが、努力義務はありません。

 

 

Q5. どうやって予約?

 

接種は予約が必要なのでしょうか。予約はどのようにすればよいのでしょうか。

 

接種には予約が必要です。対象者には、市から順次接種券が発送されますので、接種券が届いたら、電話またはウェブサイトなどで各自予約をしてください。

 

 

Q6. ワクチンは選べる?

 

ワクチンは3種類あると聞きました。どのようなワクチンがあるのでしょうか。また、自分が接種する際、ワクチンの種類を選ぶことはできるのでしょうか。

 

現時点では、ファイザー社、アストラゼネカ社、武田/モデルナ社の3種類があります。接種するワクチンの種類については、当面、ファイザー社のみとなります。

 

 

Q7. 住民登録が市外だけど…

 

私は学生で、住民登録が市外にあります。東広島市内で接種を受けることができないのでしょうか。

 

単身赴任や下宿など、やむを得ない事情がある場合は、居住地(東広島市)で接種を受けることができますが、別途手続きが必要になります。手続きの方法については、順次発送される接種券によりご確認ください。

 

 

Q8. 接種の回数

 

ワクチンの接種回数は何回ですか。どのくらいの間隔を空ければよいのでしょうか。

 

現時点では、接種回数は2回となります。接種間隔はワクチンの種類によって異なりますが、21~28日間隔とされています。

 

 

Q9. 接種の期日は

 

接種券が届いたら、何日後までに接種をしなければならないのでしょうか。

 

現時点では、特に定めはありません。ワクチン接種期間が終了する際には、再度お知らせいたします。

 

 

ワクチン接種に便乗!不審電話に要注意

 

新型コロナのワクチン接種に便乗した不審電話が各地で相次いでいる。

 

保健所や市の職員を名乗り、「接種に予約金10万円が必要」「料金は前払い」などと金銭を要求する。広島県内では、まだ確認されていないが、警察は新手の詐欺とみて注意を呼び掛けている。

 

東広島署は、気を付けるポイントをまとめたちらしを作成。福祉の関係団体などに、施設への掲示や高齢者への手渡しを依頼している。

 

「慌てず、必ず家族や警察に相談してください」と同署。

 

電話082(422)0110

 

 

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

おすすめ

トップへ戻る
© 2020 Higashi-hiroshima digital